畳替えの流れ

当店の『仕事へのこだわり』

畳 おやじ作業

畳 縁見本
畳 表見本
各種見本を持参いたします

1.

畳替え・お見積のご依頼をいただきましたら、まずは下見にお伺いして、現在のお客様宅の畳の状態を診断させていただきます。そこでお客様の御意向を踏まえたうえで、どのような作業がいいかをご提案させていただきます。

各種見本を持参しますので、お客様のご希望の作業・商品を決めていただきます。また、その場で概算のお見積をご提示させていただきます。

下見にお伺いした時に畳替えするかを決める必要はございません。ご検討の上、後日に畳替えをするか見合わせるかご連絡をいただいても結構です。

お見積金額・作業内容にご納得いただけましたら、作業日程を調整させていただきます。


2.

表替えの場合はご予約いただいた日の朝に畳をお預かりして、その日の夕方には納めさせていただきます。基本的には1日1間(8畳まで)の作業となりますので、2間の場合は2日いただきます。(1日で2間以上の畳替えをご希望の方はご相談下さい)

家具やお荷物が多いお部屋、当店より車で片道30分以上かかるお宅では1泊お預かりする場合がございます。

畳をお預かりする際に1枚づつ計測しながら引きあげます。

これをすることで畳と畳・畳と畳寄せ(畳とお部屋が隣接する部分)の隙間を埋めたり、畳表の膨らみ(スペースに対して大き過ぎる畳を無理して入れると、このような現象が起きます)を防止することが出来ます。

 

3.

裏返しは現在のお客様宅の畳についている畳表を使用するため、現状の畳表の状態と使用年数から裏返しが可能かどうかを診断させていただきます。

ただし、表面から分からなかったシミが裏に出てしまったり、畳と畳・畳と畳寄せの隙間を充分に埋めることが出来ない場合もございます。

より綺麗な仕上がりをお求めの方には表替えか新畳入替えをお勧めします。

裏返しもご予約いただいた日の朝に畳をお預かりして、夕方には納めさせていただきます。

1日1間(8畳まで)の作業となりますので、2間の場合は2日いただきます。

 

4.

表替え・裏返し作業の際に畳床の表面に部分的に凹みが出来てしまっている場合は詰め物などをして可能な限り平らに修正します。

畳床が寿命間近で表面が全体的に凹凸がある、部分的にでも酷く傷んでしまっている、畳を踏んだ時にフワフワする、といった現象を修復することが出来ません。

これらの現象が気になるお客様は新畳入替えをお勧めします。

 

5.

新畳入替えの場合は既存の畳を一度全部外してからレーザー基準器を使用して採寸します。畳のお部屋はどれひとつ同じ大きさの物はございません。畳は全てそのお部屋専用のオーダーメイド品となります。

採寸後、既存の畳を元に戻しますので、今まで通りお部屋をお使いいただけます。

後日、新しい畳が出来上がりましたら、既存の畳と交換する形で納めさせていただきますので、お部屋に畳が無いという状態の時はございません。

畳 レーザー基準器
レーザー基準器 4方向にレーザー光線が出ます

6.

最後に畳を納める際に畳と畳・畳と畳寄せに段差が出来ないように調整します。

新畳入替えの際は畳床が新品になっていますので、この作業はほとんど必要ありませんが、表替え・裏返しの場合は大事な作業となります。

主な営業エリア

 

◆東京都

多摩地区全域(小平市・東大和市・国分寺市・立川市・国立市・東村山市・小金井市・府中市・武蔵村山市・東久留米市・清瀬市・西東京市・日野市・多摩市・調布市・三鷹市・武蔵野市・狛江市・稲城市・昭島市・瑞穂町・福生市・羽村市・あきる野市・青梅市・八王子市・町田市・日の出町・奥多摩町・檜原村)・練馬区・杉並区・世田谷区・中野区・他

 

◆埼玉県

所沢市・入間市・狭山市・新座市・三芳町・他

 

◆神奈川県

川崎市麻生区・多摩区・他

(上記以外のエリアも

   お伺いします)

関たたみ店

〒187-0032

東京都小平市小川町

   1-500-47

TEL:

042-341-5566

畳 仕事場
畳 職人
お気軽にご相談下さい!